Webライターの勉強方法は8つ|必要なスキルや勉強のメリットとは

Webライターの勉強方法は8つ|必要なスキルや勉強のメリットとは

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Webライターになりたいんだけど、どうやって勉強すればいいの?

たじみゆ
たじみゆ

Webライターの勉強方法は主に8つです
まずは本を読んで体系的にWebライティングについて学ぶことをおすすめします

本記事では、上記のようにお悩みの人に向けてWebライターの勉強方法を紹介します。

Webライターとして仕事をするには、本を読む、講座を受講するなどしてWebライティングや関連知識について最初に勉強するのがおすすめです。

基本的な知識を身につけた後は、仕事にどんどん応募してスキルアップしつつお金を稼いでいくのが良いでしょう。

本記事では、Webライターの勉強方法や仕事をするにあたり必要な知識を紹介します。

この記事でわかること
  • Webライターの勉強方法がわかる
  • Webライターに必要なスキルがわかる
  • Webライティングの勉強をするメリットがわかる

Webライターの勉強方法8つ

Webライターの勉強方法

Webライターの勉強をする方法は本を読む、講座を受講するなど様々な方法があり、それぞれ下記の通りです。

  • Webライティングに関する本を読む
  • Webライター向けの講座を受講する
  • Webライティングの資格を取得する
  • ブログを運営する
  • クラウドソーシングでWebライティングの仕事に応募する
  • Webライティングのセミナーに参加する
  • YoutubeでWebライターに関する動画を観る
  • ココナラなどで文章を添削してもらう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Webライティングに関する本を読む

手軽かつ安価でできる勉強方法は、Webライティングに関する本を読むことです。

MEMO

初心者向けの本を3冊ほど読めば、Webライティングの仕事の流れや基本的な文章の書き方を勉強できます。

私が過去に読んできて、初心者や未経験者におすすめしたい本は、下記の3冊です。

沈黙のWebライティングを読めば、Webライティングの流れや全体像をつかめます。

たじみゆ
たじみゆ

分厚さに驚かれるかと思いますが、本編は漫画形式なので非常に読みやすいです

そして、新しい文章力の教室を読めば、完読される読みやすい文章を書くためのコツがわかります。

たじみゆ
たじみゆ

新しい文章力の教室に書いてあること全部守れるようになれば、文字単価2円程度の仕事を受注できるはずです

そして、人を操る禁断の文章術を読めば、セールスライティングのコツや読者の心を動かす文章の書き方を勉強できます。

たじみゆ
たじみゆ

今でもLPやマーケティング的に重要な文章を書くときには読み返しています

created by Rinker
¥1,386 (2024/07/23 10:10:22時点 Amazon調べ-詳細)

どれもAmazonで購入できますので、サクッと3冊買って一気に読むのがおすすめです!

Webライター向けの講座を受講する

「初期費用をかけてでも良いから、しっかりWebライティングについて学びたい」「短期間で稼げるようになりたい」と考える人は、Webライター向けの講座を受講するのも良いでしょう。

MEMO

Webライター向け講座では、文章の書き方はもちろん、リサーチのコツや仕事の流れ、営業のコツについても教えてもらいます。

講座によって、下記のように種類があるので自分に合った講座を選ぶのがおすすめです。

  • オンライン動画を見て講師に質問する講座
  • 自分が書いた文章を講師に添削してもらえる講座
  • 受講終了後にお仕事を紹介してもらえる講座

Webライターは最初の仕事を受注し、実績を作るまでが1番難しいです。

挫折したくない、自分1人では三日坊主になってしまいそうだと考えている人は、Webライター講座の受講を検討しても良いでしょう。

Webライティングの資格を取得する

Webライティング関連の資格を取得を目指せば、同時にWebライターやWebライティングに関する知識の勉強も可能です。

MEMO

資格試験やテキストでは、Webライティングに関する知識が体系的にまとめられているため、効率よく勉強できます。

Webライティングに関する資格としては、以下のものがあります。

  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • Webリテラシー試験
  • ビジネス著作権検定
  • SEO検定

特に、Webライティング能力検定WEBライティング技能検定は、Webライティングに特化した試験なので、初心者や未経験者が取得を目指しても良いと思います。

ただし、注意しておきたいのはWebライターになるには資格は絶対条件ではないということです。

資格の有無で採用可否を判断されるケースは少なく、実績がない初心者や未経験者が資格を持っている場合、少し有利に働くかなといった印象です。

たじみゆ
たじみゆ

あくまで、クラウドソーシングなどでWebライティングに応募する場合の話となります

Webライターとして正社員で就職する場合などは、資格が重視される可能性はゼロではありません

ブログを運営する

個人ブログを運営し記事を書いていけば、それだけでWebライティングの勉強になります。

たじみゆ
たじみゆ

Webライティングの上達には、インプットだけでなくアウトプットも重要です

Webライター初心者や未経験者は、仕事を受注できる機会がどうしても少なくなります。

その分、自分でブログ運営を頑張れば、実績も作れますし記事の質もどんどん上がってくるはずです。

Webライターがブログを運営するメリットは、他にも下記のものがあります。

  • 執筆練習・スキルアップになる
  • 自分の得意ジャンルをアピールできる
  • ポートフォリオとして掲載できる
  • アフィリエイトで収入を得られる

有料ブログであっても月額1,000円程度の費用ですみますし、経費にもなりますのでブログを持っておいて損はありません。

たじみゆ
たじみゆ

Webライターがブログを運営するメリットは、下記の記事で紹介しています

クラウドソーシングでWebライティングの仕事に応募する

Webライティングは習うより慣れろですので、実際にクラウドソーシングなどで仕事に応募するのも勉強になります。

MEMO

実際にクラウドソーシングでの仕事を通じて、仕事の流れやリサーチのコツなども勉強可能です。

クライアントとのやり取りや修正対応なども学べるので、基本的な勉強が完了したらすぐに仕事に応募してみることをおすすめします。

Webライティングのセミナーに参加する

Webライティング関連のセミナーに参加して、WebライティングやWebライターの働き方について勉強するのも有効です。

MEMO

Webライティング関連のセミナーの中には、現役で活躍しているWebライターが講師として指導してくれるものもあります。

Webライティングセミナーを探す方法は、主に下記の通りです。

  • こくちーず」で検索してみる
  • ASP主催(A8.netなど)の初心者ブロガー向けセミナーに参加する

Webライティングに特化したセミナーを受講したい場合はこくちーずでの検索、WebマーケティングやSEOについても勉強したい場合は、ASP主催のセミナーへの参加がおすすめです。

YoutubeでWebライターに関する動画を観る

Youtubeなどの動画コンテンツでも、Webライターに関する情報発信が行われています。

MEMO

Youtubeの場合は無料で勉強できるので、初期費用をかけずに勉強したい人に向いています。

ただYoutubeなどで発信しているWebライターは玉石混合であり、信頼できる発信者を見つけることが大切です。

私の場合、下記の人物のyoutube動画をよく閲覧しています。

たじみゆ
たじみゆ

どの方々もWebマーケティング業界、ライティング業界で活躍している人であり、信頼できます!

Webライティング関係の動画は映像を見なくても理解できることがほとんどなので、家事や育児、移動中に流し見するのもおすすめです。

ココナラなどで文章を添削してもらう

テストライティングを受けても落ちてしまう、継続依頼を受注できないなど、自分のWebライティングに伸び悩みを感じたときには、ココナラなどの有料サービスで文章を添削してもらうのもおすすめです。

仕事でクライアントが添削してくれるときもありますが、添削内容が偏っている場合や添削をしてもらえない場合もあります。

校正のプロや編集経験者がしてくれる添削を受ければ、Webライティング力もアップしますし、記事の流れや訴求方法についてもアドバイスをもらえるはずです。

\ 添削サービスを依頼するなら /

ココナラ

Webライターに必要なスキル・勉強すべきこと

勉強すべきこと

Webライターになるにあたり、Webライティングに関する知識が必要なのは言うまでもないですが、下記のように他にも様々な知識が必要です。

  • Webライティング
  • SEO
  • 執筆ジャンルに関する知識
  • リサーチ力
  • Webマーケティング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Webライティング

Webライターは文章を書いてお金を受け取る仕事なので、当たり前ですが文章力や日本語力が必要になります。

ただ誤解されがちですが、Webライティングでは小説やポエムのような唯一無二の表現や論文のような難しい書き方は求められません。

MEMO

Webライティングでは、誰でも理解できるようにかみ砕いた文章が好まれ、最後まで記事を読んでもらうことが最初のゴールです。

Web上の文章には、下記の特徴があります。

  • 無料で読めるものがほとんどある
  • 代わりの記事が大量にある

上記の特徴があるため、自分でお金を出して購入した本や新聞などと比較すると、最後まで読んでもらえる割合(完読率)が低くなりやすいです。

たじみゆ
たじみゆ

「この文章読みにくい」と思った瞬間、読者は離脱します

読者が離脱し検索結果にまた戻ってしまうことを防ぐため、読みやすい文章を書くスキルが求められます。

具体的には、インターネット上で読みやすい文章を書くには下記の工夫が必要です。

  • 結論から述べる
  • 一文を短くする
  • 適宜、句読点や改行を入れる
  • 複数の内容を羅列するときには、箇条書きを活用する
  • 同じ文末の繰り返しを避ける

読みやすい文章を書くには練習が必要なので、まずは意識して文章を書いてみる、自分が検索したときに文章の読みやすさについても気にしてみるなどがおすすめです。

SEO

受注する仕事の内容やジャンルにもよりますが、Webライターの仕事をするのであれば、SEOに関する知識を身につけておいて損はありません。

MEMO

SEOとは「検索エンジン最適化」のことであり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示を目指すことです。

私たちがインターネット上で何か調べるときには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用することが多いです。

そのため、多くの読者に記事を読んでもらうには、検索上位表示(というか1位!)を狙わなければなりません。

SEOの評価基準は膨大ですが、基本的な内容は下記の通りです。

  • 読者の検索意図を満たす内容の記事にする
  • 読みやすく読者が離脱しない記事にする
  • タイトルや見出しに検索キーワードを入れる
たじみゆ
たじみゆ

例えば、この記事であれば「Webライター 勉強」と検索してくれた人の悩みを解決することを目的としています

Webライティングの仕事の大半はSEOライティングですので、SEO知識があればそれだけクライアントから重宝されます。

執筆ジャンルに関する知識

依頼された記事や掲載先サイトに関する専門的な知識があると、クライアントから重宝されます。

MEMO

金融や美容、医療など専門的なジャンルほど、執筆ジャンルに関する知識が求められることが多いです。

執筆ジャンルに関する知識が必要な仕事ほど、単価が高いケースが多いので、収入アップを意識し始めたときに自分の専門性やジャンルの知識を意識し始めるのが良いでしょう。

たじみゆ
たじみゆ

私も執筆ジャンルを金融や相続に絞ってからの方が、収入が2倍、3倍と伸びています。

執筆ジャンルに関する知識があれば、検索意図や読者の悩みも理解しやすくなりますし、執筆作業を効率化できるメリットもあります。

リサーチ力

Webライターとして仕事をするのであれば、リサーチ力は必要不可欠です。

MEMO

どんなに詳しいジャンルの記事を書くときにもリサーチは必要になるからです。

具体的には、Webライティングの際には下記のリサーチを行います。

  • 読者ニーズやターゲットを理解するためのリサーチ
  • 信頼できる情報を得るためのリサーチ
  • 独自性や競合との差別化を図るためのリサーチ
  • クライアントや紹介する商品、サービスに関するリサーチ

例えば、私は相続系の記事を書くことが多いため、執筆時には政府の統計情報を参考にすることも多いです。

たじみゆ
たじみゆ

他には読者のニーズを探るため、介護関係のアンケートや住宅ローン関係のアンケートを見ることもあります

加えて、掲載先のサイトが税理士事務所などか司法書士事務所なのかでも、アピールする内容が変わるのでクライアントに関しても、丁寧なリサーチを行います。

たじみゆ
たじみゆ

リサーチに関しては、初心者であっても時間をかければ行えるものです

初心者や未経験者だとしても「丁寧に調べてくれたな」「文章は拙い部分もあるが、次も任せてみたい」と思ってもらえるようなWebライターを目指しましょう!

Webマーケティング

Webライターとして本格的に稼いでいきたいのであれば、Webマーケティングに関する知識も身につけていく必要があります。

MEMO

Webマーケティングとは、インターネットを通じて顧客に対して商品やサービスを売るための取り組みです。

Webライターがそもそもなぜ記事執筆を依頼されるかというと、記事を読んだことにより特定の商品やサービスを購入してほしいとクライアントが考えているからです。

Webマーケティングを学べば、Webライティングの役割やサイト全体の設計、どんな経路で記事に誘導し商品を購入してもらうかも考えられます。

たじみゆ
たじみゆ

商品やサービスの購入というクライアントにとってのゴールまで一緒に考えられるようになれば、仕事を任せれる機会が増えますよ!

Webライターに必要なスキル、向いてる人の特徴については、下記の記事で詳しく解説しています。

Webライターの勉強をするメリット

勉強するメリット

Webライターの勉強をすれば自宅でお金を稼げるようになるだけでなく、他の副業にも活かせます。

Web系の副業では、クライアントとメールやチャットでコミュニケーションをする必要があるため、文章力があった方が有利だからです。

Webライターの勉強をすると、下記のメリットがあります。

  • Webライターの収入を上げられる
  • 他の副業も試しやすくなる
  • 文章力は日常生活でも役立つ

それぞれ詳しく解説していきます。

Webライターの収入を上げられる

Webライターの勉強をし、必要な知識を身につければ、今より収入を上げられる可能性があります。

MEMO

Webライター未経験者や初心者であっても、勉強とアウトプットを繰り返せば、月数万円程度は稼ぐことも可能です。

勉強の結果、より難易度が高く高単価の仕事を請けやすくなりますし、仕事の幅も広がるはずです。

たじみゆ
たじみゆ

自宅でお金を稼ぎたい人は、Webライティングの勉強をしてみましょう

他の副業も試しやすくなる

WebライティングやSEOの勉強をすれば、他の副業にも挑戦しやすくなります。

MEMO

文章力はクライアントとのやり取りでも役立ちますし、優れたリサーチ力も新しいことを勉強するときに有利だからです。

  • Webデザイン
  • 動画編集
  • Webディレクター
  • Webマーケティング
  • ブログ運営
  • SNS運用

上記のように他の副業をするときにもWebライティングは役立つので、始めにWebライティングを勉強し他の副業へステップアップしていくのも良いでしょう。

文章力は日常生活でも役立つ

Webライティングの勉強で身につけられる「読みやすい文章を書く能力」はオンライン、オフライン問わず様々なシーンで役立ちます。

MEMO

文章を書く機会は仕事、日常生活の中でも非常に多く、読みやすい文章を早く書けるのはそれだけで能力です。

文章力を活かせるシーンは、下記のように様々なものが考えられます。

  • 本業で作成するプレゼン資料、報告書
  • ママ友や義実家関係の人へのLINE、手紙
  • 学校や幼稚園の先生に向けた連絡帳
  • 好きな人に送るLINE

実際に私も上記のシーンのいくつかでWebライターの経験が役立っているなと感じます。

加えて、Webライティングを通じて培った論理的思考力のおかげで、交渉事や知らない相手との会話も上手くいくようになりました。

たじみゆ
たじみゆ

Webライティングや文章の書き方を身につけておくと、良いことばかりです

Webライターの勉強に関するよくある質問

最後に、Webライターの勉強に関するよくある質問を回答と共に紹介します。

Webライターになるためにまずやることは?
Webライターになりたい!と思ったら、まずはWebライティングに関する本を読んで勉強をしてみるのがおすすめです。
Webライター初心者や未経験者におすすめの本は「沈黙のWebライティング」「新しい文章力の教室」「人を操る禁断の文章術」などがあります。
Webライターの副業でいくら稼げる?
副業や学生ライターであっても、数ヶ月で月数万円程度稼ぐことは可能です。
執筆ジャンルの専門性やスキルによっては、月10万円以上稼ぐこともできるでしょう。

【まとめ】自分に合った方法で勉強しよう!

Webライターの勉強方法は複数あるため、自分に合う方法を選ぶことが大切です。

本記事で紹介したWebライターの勉強方法は、下記の8つです。

  • Webライティングに関する本を読む
  • Webライター向けの講座を受講する
  • Webライティングの資格を取得する
  • ブログを運営する
  • クラウドソーシングでWebライティングの仕事に応募する
  • Webライティングのセミナーに参加する
  • YoutubeでWebライターに関する動画を観る
  • ココナラなどで文章を添削してもらう

まずは無料もしくは少ない費用で始められるYoutubeやWebライティング関連の書籍で勉強するのがおすすめです。

基本的な知識を身につけた後は、ブログや実際の仕事でアウトプットする機会を増やすのが良いでしょう。

この記事を読んだ方が1人でも多く、Webライターとして活躍できることを願っています。

たじみゆ
たじみゆ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました