Webライターは納期を守るのが絶対条件!遅れたらどうなる?守るコツとは

Webライターは納期を守るのが絶対条件!遅れたらどうなる?守るコツとは

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Webライターの仕事って納期がありますか?納期は厳しいのでしょうか?

たじみゆ
たじみゆ

仕事にもよりますが、納期が決まっていることが多いです
Webライターとして働くには、自分で納期管理をすることが大切です!

本記事では上記のようにお悩みの人に向け、Webライターの納期や管理方法を紹介します。

Webライターの仕事はクライアントワークのため、納期が決まっていることが多いです。

クライアントも記事の公開日を決めていることが多いため初稿提出の日も決まっています。

Webライターは1人でコツコツ作業することも多いので、自分で納期管理をしなければなりません。

本記事では、Webライターの仕事の納期や遅れてしまう場合のリスクを解説します。

Webライターのスケジュール管理方法については、下記の記事で解説しているのでご参考ください。

この記事でわかること
  • Webライターの仕事に納期はあるのかわかる
  • Webライターの仕事の納期の目安がわかる
  • Webライターが納期に遅れるリスク・デメリットがわかる

Webライターの仕事は納期があることが多い

Webライターには納期がある

Webライターの仕事は、ブログと違って納期が設定されていることが多いです。

MEMO

クライアントも企業などが多く、メディアを運営している以上は記事の月間目標数や公開予定日も決められています。

たじみゆ
たじみゆ

公開予定日から逆算して、Webライターの納期も決まります

一方で、クライアントによっては「WebライターのペースでOK」「何かあったら言ってくれれば納期の調整OK」と言ってくれる場合もあります。

結局のところ、仕事内容やクライアントによって変わってくるので、応募時に確認してみましょう。

Webライターの納期の目安

Webライターの納期の目安に関してもクライアントによりけりですが、感覚的に5,000字の記事で1週間先の納期を設定してもらえることが多いです。

他にも、取材の有無や構成案作成が必要なのかによっても、納期が変わってきます。

たじみゆ
たじみゆ

納期がいつかはクライアントによるので、こちらも応募時に確認してみましょう!

Webライターが納期に遅れるデメリット・リスク

納期に遅れるデメリット

Webライターが納期に遅れると、クライアントの信用を失いますし、結果として次回以降の仕事を回してもらえない可能性もあるのでご注意ください。

納期に遅れるデメリットやリスクは、主に下記の通りです。

  • クライアントの信頼を失う
  • 次回以降の仕事を回してもらえなくなる
  • 損害賠償請求される恐れがある
  • クライアントや関係者に多大な迷惑がかかる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クライアントの信頼を失う

当たり前ですが、Webライターが納期に遅れると、クライアントの信頼を失います。

MEMO

納期=約束ですから、約束を守れない人が信頼されないのは当たり前です。

信頼を失い、次の仕事を回してもらえない、単価交渉に応じてもらえないなどの恐れがあります。

次回以降の仕事を回してもらえなくなる

納期に対する意識が厳しいクライアントや他にWebライターをたくさん抱えているクライアントの場合、納期を守れないライターに次回以降の仕事を回さない可能性も高いです。

加えて、ディレクターやWebライターの業界は意外と狭く、悪評が広まる可能性もゼロではありません。

1つの案件で納期を守れなかったとしても、業界内でうわさが広まり、次回以降の仕事を紹介してもらえない恐れもあるでしょう。

損害賠償請求される恐れがある

Webライターが納期に間に合わないと、最悪の場合、損害賠償請求される恐れがあります。

現実では、Webライターの報酬は低いため、損害賠償請求しても元が取れず裁判沙汰になるケースはまれかもしれません。

とはいえ、可能性はゼロではありませんし、契約書に遅延損害賠償の項目を設定しているクライアントもいます。

たじみゆ
たじみゆ

万が一の事態を想定して、納期に遅れることは絶対に避けましょう

クライアントや関係者に多大な迷惑がかかる

Webライターが納期を守れないと、クライアントや関係者に迷惑がかかってしまいます。

Webライターに納期が設定されているのは、記事の公開日が決まっているからです。

  • 初稿提出
  • 修正・納品
  • 画像の作成
  • 入稿
  • 最終的なファクトチェック
  • 公開日

記事公開までには上記の段階を踏む必要があり、Webライターが作業を完了してからもディレクターやクライアントの作業は続きます。

Webライターが納期に遅れてしまうと、その後の作業もすべて遅れてしまい多大な迷惑がかかってしまうでしょう。

たじみゆ
たじみゆ

このように納期に遅れると様々なデメリットやリスクがあるので、納期に遅れることは絶対に避けましょう!

Webライターがどうしても納期に間に合わないときの対処法

遅れるときの対処法

先ほど解説したように、Webライターは納期に間に合うことが絶対条件です。

しかし、病気やケガなど不測の事態が発生し、どうしても納期に間に合わない状況も中にはあるでしょう。

Webライターが納期に遅れてしまうときには、下記の方法をお試しください。

  • 納期に遅れるとわかった時点で連絡を入れる
  • クライアントに丁寧に謝罪する
  • 状況+何日なら納品可能か連絡する
  • 次回以降も仕事をもらえた場合は必ず納期を守る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

納期に遅れるとわかった時点で連絡を入れる

まずは納期に遅れてしまう、間に合わないとわかった時点で、クライアントや担当者に連絡を入れておきましょう。

MEMO

少しでも早く連絡を入れた方が、クライアントにかかる迷惑や影響を最小限にできるからです。

例えば体調が悪く納期に間に合わないかも、と思った段階でクライアントには一報を入れておきましょう。

文例も紹介します。

文例

お世話になっております。
本日、インフルエンザで陽性と診断されてしまいました。
1/10納期の仕事をいただいており、作業中ですが回復が遅れてしまうと納期に間に合わない恐れがあります。
申し訳ございません。

納期に間に合わない場合、今後の状況がハッキリ次第、再度ご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

上記のように一報を入れておけば、クライアントも代わりの記事を用意するか、他のライターさんに追加依頼できるかなどの対応も取れるはずです。

クライアントに丁寧に謝罪する

どんな理由にしろ、納期に間に合わない以上、丁寧に謝罪しておきましょう!

MEMO

何度もくどくどと謝る必要はありませんが、文章の始めと終わりに謝罪する+納期に間に合わない理由(体調不良など)を丁寧に伝えましょう。

ただ丁寧に謝罪したからといって、クライアントが許してくれる、次回も仕事をくれるとは限りません。

たじみゆ
たじみゆ

あくまでも謝罪は最低条件であり、謝罪をどのように評価するかはクライアント次第です

状況+何日なら納品可能か連絡する

納期に遅れてしまう場合は、現在の状況と何日なら納品できそうかも連絡しておきましょう。

「納期に間に合わない」という連絡だけでは、クライアントも対応方法に悩んでしまいます。

  • 納期に間に合わない確率(確実に間に合わないのか、遅れるかもなのか)
  • 何日なら納品できるか(1日延ばしてもらえれば、納品できるなど)

上記を知らせておけばクライアントも納期を延ばせばよいのか、他の人に依頼を差し替えるか判断しやすいです。

たじみゆ
たじみゆ

当たり前ですが「〇日なら納品できます」と言ったからには、設定した納期は絶対に守りましょう!

次回以降も仕事をもらえた場合は必ず納期を守る

納期に遅れたもののクライアントから信頼を完全に失うにはいたらず、次回も仕事をもらえた場合は必ず納期を守りましょう!

2回連続で納期を守れない場合、ほぼ確実に信頼を失い、仕事を回してもらえなくなります。

たじみゆ
たじみゆ

納期に遅れたにも関わらず再び仕事を回してもらえた場合は、失った信頼を取り戻すためにも、より一層丁寧な仕事を心掛けましょう!

Webライターが納期を守るコツ

納期を守るコツ

Webライターは1人でコツコツ作業することも多いため、自分で納期管理をしなければなりません。

具体的には、下記の方法でスケジュール管理や作業管理をしていきましょう。

  • 自分のキャパや執筆スピードを理解する
  • 納期がない・調整できる仕事を受注する
  • 自分に合うスケジュール管理方法を確立する
  • クライアントとすり合わせ後に納期を設定してもらう

それぞれ詳しく紹介していきます。

自分のキャパや執筆スピードを理解する

納期に間に合わないほどの仕事を受注してしまうことを避けるためにも、自分のキャパや執筆スピードを把握しておきましょう。

MEMO

自分の執筆速度や稼働量を把握していれば、仕事を請けすぎてしまうことを防げます。

Webライターは業務委託契約がほとんどであり、執筆速度が上がるほど収入も上がりやすくなります。

自分の執筆速度や時給を確認するためにも、定期的に下記を確認しておくと良いでしょう。

  • 1時間に何文字執筆できるか
  • 1日に何文字執筆できるか
  • 1日に何時間作業可能か

また仕事を請ける際には「予想される作業時間×1.5倍」を想定しておくと、キャパオーバーを防げますし、不測の事態にも対応しやすくなります。

たじみゆ
たじみゆ

1.5倍のバッファを持たせることは、有名なビジネス書のひとつである「エッセンシャル思考」でも解説されています!

created by Rinker
¥1,287 (2024/07/22 16:54:45時点 Amazon調べ-詳細)

納期がない・調整できる仕事を受注する

家事や育児で忙しい主婦ライターや本業が別にある副業ライターの場合、納期が設定されていない、もしくは調整しやすい仕事をメインで受注するのも選択肢のひとつです。

たじみゆ
たじみゆ

私も子供が小さいうちは、自分のペースで執筆できる仕事しか請けていませんでした

ただクライアントが企業だと、納期がガッツリ決まっている仕事が多い印象です。

そのため、納期を調整しやすい仕事を探す場合は、個人で活動しているアフィリエイターなどを見つけることも検討しましょう。

自分に合うスケジュール管理方法を確立する

Webライターは1人でコツコツ作業を進めていくのが基本なので、自分に合うスケジュール管理方法を見つけておきましょう。

Webライターは自宅で作業することも多いので、オンオフの切り替えが難しくプライベートとのバランスを取りにくいときもあります。

仕事の納期も守りプライベートや家族、友人との時間も充実させるには、オンオフまとめてスケジュール管理をするのがおすすめです。

Webライターやフリーランス向けのスケジュール管理方法は、下記の記事でも解説しているのであわせてご参考ください。

クライアントとすり合わせ後に納期を設定してもらう

納期ギリギリの仕事をすることを避けたいのであれば、納期の設定、調整タイミングを自分で決めることも大切です。

例えば、報酬や執筆本数、文字数をクライアントと調整した後に納期を設定すれば「思ったより仕事のボリュームが多い」といった事態を減らせます。

執筆本数などの条件設定後すぐの納期交渉であれば、クライアントも作業予定を調整しやすいので応じてくれることがほとんどです。

たじみゆ
たじみゆ

「納期調整を要求されたから次回は仕事を減らそう」なんて考えるクライアントもいないはずです

むしろ、Webライターが要求した納期調整を毎回理由もなく突っぱねるクライアントは自分の方が立場が上と思っているパワハラ気質か調整能力がなくギリギリの工程をこなしている可能性が高いです。

ストレスフリーで仕事を続けることが難しい可能性があるので、こちらから継続の仕事を断ることも考えて動いていきましょう。

Webライターは自分で仕事をする相手を選べるので、状況に合わせてクライアントや仕事を変えてみるのも良いでしょう。

Webライターの仕事がつらいときの対処法は、下記の記事で詳しく紹介しています。

Webライターの納期に関するよくある質問

最後に、Webライターの納期に関するよくある質問を回答と共に紹介していきます。

Webライターは1時間で何文字書ける?
Webライターは1時間で2,000~3,000字程度書けるのが理想です。
例えば、文字単価1円の仕事で1時間2,000~3,000字書ければ、時給2,000~3,000円程度の計算になります。

とはいえ、記事の専門性や内容によって1時間に書ける文字数は変わってくるはずです。
Webライターはいくら稼げる?
Webライターは初心者や未経験者であっても、月数万円程度は稼げます。
フリーランスの専業ライターであれば、月数十万円から100万円近く稼ぐことも可能です。

【まとめ】Webライターにとって納期を守るは最低条件

何度も言っていますが、Webライターにとって納期は非常に重要ですし、仕事を受注、継続していくために納期を守ることは最低条件です。

納期に遅れることはできる限り避けたいですし、万が一遅れてしまう場合はできるだけ早くクライアントに事情を相談する必要があります。

納期にどうしても間に合わないときには、下記の方法をお試しください。

  • 納期に遅れるとわかった時点で連絡を入れる
  • クライアントに丁寧に謝罪する
  • 状況+何日なら納品可能か連絡する
  • 次回以降も仕事をもらえた場合は必ず納期を守る

家事や育児、本業が忙しいなどの理由で納期を守ることが難しいのであれば、納期がゆるい、調整できる仕事を探すのもおすすめです。

クライアントごとに納期のきつさや調整のしやすさも変わってくるので、自分に合うクライアントを見つけましょう!

たじみゆ
たじみゆ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました